FC2ブログ
アメリカンクラシック スプリント350 入荷!
2010-06-20 Sun 09:22
アメリカンクラシックの完組みホイール、350が入荷しました!
GJGJKLGc 026
クイック・リムテープ無しの実測重量がフロント622g、リヤ827gと
非常に軽いのには理由があります。
・ハブが軽い
 アメリカンクラシックのハブは構造が簡素で、非常に軽いです。
 「走って軽い」よりは「持って軽い」に効いてくる部分ではありますが、
 軽いに越したことはありません。

・リムが軽い
 今ではリムの単品販売はありませんが(単品販売再開を熱望しています!)、
 単品販売時代のリムの実測重量は364gほどだったので、WOリムとしては
 非常に軽い部類となります。350という名前もリムの公称重量から来ています。
 リムは作れば作るほど型がやせて、リム自身が肉厚になる傾向にあります。
 加えて、白で塗装しているので 今ではやや重いかと思われますが、
 さすがに400gは切っていると思います。
 ホイール外周部の軽さは踏み出しの軽さに直結しており、わずかに軽いだけでも
 体感できます。

・ニップルが軽い
 アメリカンクラシックの完組みホイールで特筆すべきは実はニップルです。
 ほとんどの完組みホイールはしんちゅうニップルを使用しています。
 が、スプリント350ではアルミニップルを使用しています。
 先日FFWDの時にも書きましたが、しんちゅうニップルはアルミニップルの約3倍重く、
 ホイールの外周部を軽くするなら断然アルミニップルがいいのです。

・スポークが軽い
 と書きたいところですが、バテッドスポークでまあまあ軽いながら「危ない細さ」と
 いうわけではありません。完組みホイールなので致し方ないところです。
 一本だけ白いのはオシャレですね。

GJGJKLGc 027
↑リムテープを外してリムの外側からニップルを覗いてみました。
ニップルの工具かかりと同じ構造がニップルの外にもあるので、
リムの外側から調整できるようになっています

通常、ニップル回しは4面ある工具かかりのうち3面と接するように出来ていますが、
リム外側から回す工具の場合、4面全てをつかむので調整時にニップルが断然なめにくく
なります。チューブラーと違いタイヤを外すのが面倒ではないので、
調整は基本的に外側からしたほうが良さそうです。

豊中店
スポンサーサイト



別窓 | ホイール&タイヤ | | |
シグマ コンピューターディスプレイ、ライト、入荷!!
2010-06-20 Sun 06:00
画像 592
夜に、自転車通勤されている方、
夜に、自転車練習されている方、必見です。
画像 591
夜も、スピードメーターが見れる方が、
抜群に便利ですよね!!

ご注意! メーター画面をながめすぎて、前方不注意が原因の事故に
あわないよう、安全運転を心がけましょう。

梅田店
別窓 | メーター&心拍計 | | |
| SILBEST新着情報 |

無料カウンター