fc2ブログ
固定ローラー用ホイール組んでみました
2011-03-06 Sun 18:04
固定ローラー用のリヤホイールを組んでみました!
お客様のオーダー品です。
画像 064
低予算で行くならシマノWH-R500の後輪を縦振れ取りしなおすのがオススメですが、
ちょっといろいろ凝ってみました。

リムはマヴィック・オープンプロです。
かなり追い込んで振れを取らせてくれる、精度の高いリムです。
(バルブ穴の反対側の継ぎ目が 縦振れ的には凹んでますが、気になりません)

画像 065
ローラー専用といってますが、一応実走に耐えうる剛性は確保しています。

画像 066
フリー側はモランボン(2周ねじり)4本組みです。
これ以上リム高が高いとニップルとハトメの角度がきつくて組めません。

画像 067
反フリー側は6本組み2回あやどりで、外あやどりを結線ハンダ付けしています。

画像 068
スポークの方向はイタリアン組みとなります。

梅田店
スポンサーサイト



別窓 | ホイール&タイヤ | | |
リッチー WCSステム 再入荷!
2011-03-06 Sun 17:02
リッチーのWCS 4AXISステムが再入荷しました!
このステムの特徴については、まず過去の新着情報(→こちら)をご覧下さい。
なるべく重複しないよう、新しい点についてご紹介します。
画像 053
2011年から価格(定価)が大幅値下げとなりました!
「ステムはやっぱりリッチー」という方が増えるのではないでしょうか。
写真上からツヤ有りホワイト、ツヤ無しブラック、ツヤ有りレッドです。
写真のツヤ無しブラックは73°です。

画像 054
フロントキャップの削りのあるなしですが、まだ移行期なのか混在しています。
それだけではなく・・・

画像 058
同じ削りありキャップで、TAILOU製のボルトかどうかでも
仕様が混在しています。
(コラム側は依然8.8の強度区分のボルトです。さすがです。)

画像 055
カーボン巻きモデルも入荷しています。
自転車に付けてしまえば、持ちあげて違いが分からない程度の
重量増となりますが、カーボンカーボンしたバイクを組みたいならオススメです。
スコットのカーボンバイクに似合いそうな仕上げのカーボン地です。

画像 056
4AXIS 44というモデル(上の写真 右)も入荷してきました。

画像 057
従来の4AXISが丸い胴形状なのに対して、
角丸四角形に近い、ボリュームのある胴形状です。

画像 (1)
一番大きな違いはフロントキャップです。
ボルトの間隔も キャップ自体の幅も広くなっていて、より低いねじの締め付けトルクで
同じ固定力が得られるようになっています。
従来のフロントキャップもカーボンバーに対してダメージの少ない形状なのですが、
よりカーボンに対して優しい形状のフロントキャップになりました。

画像 062
とはいえ、従来の「ボルト同士が隣接している4ボルト式フロントキャップ」
にもメリットがあります。
写真のバイク(私のですが)のようにハンドル高さが低い場合、

画像 063
ステム下でアウターが長かったりすると、4ボルトの場合
ボルトの頭にアウターが引っかかる事があります(非常に危険です)。
2ボルトのステムのほうがボルトにアウターが干渉しにくく、
より自然なラインでアウターを這わせやすくなります。
カーボンバーでなく、ハンドル高さが低いなら
2ボルトに近い配列の 従来の4AXISのほうがオススメです。

画像 059
最後に。
上の写真は4AXISクラシックというモデルです。
ポリッシュ仕上げがいいですね。
リッチーのステムは上からWCS、PRO、COMPとそれぞれありますが、
このステムはどう見てもWCSに準拠した形状・仕様です。

画像 060
しかし正式名称は4AXISクラシックであり、WCSではありません。
同じ長さのWCS 4AXISと比べても実測重量は2gほど重いだけで、
フロントキャップの仕様違いを考えても個体差の範囲程度です。
材質も同じ2014アルミなので同じものだと思うのですが・・・

画像 061
WCS 4AXISアルミステムの価格がツヤ無し9240円、ツヤ有り11025円に対し
4AXIS クラシックは5775円なんです!
ポリッシュ加工をしているので、「色塗ってないので手抜き」というわけでもありません。
どういうことか分かりませんが、非常にお買い得なモデルです。

梅田店
別窓 | ハンドル&ステム | | |
タックス タオカーボン ボトル付きキット入荷!
2011-03-06 Sun 15:50
タックスのタオ ボトルケージのカーボンモデルが
ボトル付き・化粧箱入りのキットで入荷しました!
画像 051
完全に左右が結合したプラスチックやカーボンのケージは保持力に難があったり
することもありますが、タオはしっかりボトルを保持します。
ソースボトル(という名前のボトル)も1つ付属していますが、当然ながら相性は抜群です。

エリートとプロチームのボトルケージ供給を二分するだけあって、
タックスにもプロチームモデル柄(ラボバンクなど)のソースボトルがあるので、
そちらもオススメです。

カンパニョーロが出しているカーボンボトルケージですが、
付属の(別売りもあり)ボトルはタックス製です。

画像 052
ボトルを抜き出す時、かなりの部分までまっすぐに抜き出さなければならない形状
(斜め抜きがしづらい)なので、スローピングのきついフレームや
スモールサイズのフレームにはきびしい場合があります。

保持力に関してはオススメなので、ぜひ一度手にとってみて ご確認下さい。

梅田店
別窓 | ボトル&ケージ | | |
ジェイミス サテライト 2011モデル 入荷!
2011-03-06 Sun 15:34
ジェイミスのサテライトが入荷しました!
画像 041
サテライトは「衛星」という意味で、同社のノヴァやオーロラと共に
天体がらみの名前となっています。

画像 042
細身クロモリフレームのロードバイクやシクロクロスはジェイミスの得意分野です。
胴抜きペイントでクラシカルな雰囲気が強調されているのがいいですね。

画像 044
フォークのコラムスペーサーをかなり高い位置に設定しているのもジェイミスの特徴です。
ステムの上にある一枚のスペーサーは、意味があって入っています。

画像 045
コラムを最も短く切るなら、コラムの上端よりステムの上端が
2mmくらい低い状態となりますが、
やはりコラムの途中をつかむのと コラムの上端をつかむのとでは
コラムに対する力のかかり方が違います。
とくにカーボンコラムの場合、ステムから上を残すことを指示しているメーカーもあります。
このバイクは金属コラムなのでステムが一番上でも十分問題ないと思われますが、
ジェイミスでは気にしているようです。

画像 043
サテライトは2004年からジェイミスのラインナップにあるモデルです。
サテライトの正しいつづりは SATELLITEとLが2つ続くのですが、
2004年モデルのみSATELITEというつづりでした。

これは軽いという意味のLITE(正書法ではLIGHT)を
サテライトと掛けたもので わざとやっているんだな、と思っていましたが、
2005年以降はずっとSATELLITEです。
名前をもじって洒落たつもりが つづり間違いを指摘されまくったからだと思われます(笑)。

梅田店
別窓 | フレーム&完成車 | | |
Tranz X JD-TB01 入荷!
2011-03-06 Sun 10:00
JD Tranz X JD-TB01 TTバー入荷しました!
Ф31.8/26.0㎜共用スリーブ、アームレスト付属が付いています。

DSCF0268.jpg
エクステンションバーはベント形状です。

DSCF0269.jpg

豊中店
別窓 | トライアスロン | | |
| SILBEST新着情報 |

無料カウンター