fc2ブログ
ウィリエール・チームカラー
2007-06-05 Tue 10:50
最近、ウィリエールで人気なのが、チームカラーです。
性能うんぬんを言う人も多いですが、やはり見た目が
一番みたいですね!
20070605100445.jpg

迷っていても実物を見ると決めてしまう方ばかりです。
一度見に来てください。

住之江店でした。

エスケープインプレ話
店からの帰り道、南海電車を越える橋でもがく!
頂上で30km/hがやっとであったが
33km/hを記録する。踏んだ感じがスカッとした
物でなくどちらかというとヌメッとしている。
しかし、1割のスピードアップは力が抜けていないので
あろうか!?
家に帰ってからタイヤの空気圧をチェックすると
かなり少なかった。ヌメッと感はこのせいか!?
空気圧を適正にすればもっと上がるのか!と思ったが
橋に幾つもある継ぎ目に段差があって反対にタイヤがはねて
しまいスピードが出ないのだ。
前輪のリムが軽いのを使っているのでたわむのも事実である。
ホイールを交換して実戦で使ってみたいものだ。

翌日、空気圧を上げて走ってみる。
いつもの中央環状で何気なしに走っていると
30km/hオーバー!
もがいてみたかったが、汗をかきたくなかったので
楽しみは帰りに。

帰り例の橋で
一発もがいてみた!といっても継ぎ目があるので
加減しながらであるが・・・丁度路線バスが通過
したので追い風になった。
頂上で37km/hを記録!
すごいのが平地の加速で上りきるのではなく
継ぎ目が上りの途中2箇所あって過ぎてから
頂上までの区間を加速するのだ。
それでこのスピードアップは大した物である。
力が逃げず、ホイールがはねないフレームと
ホイールのマッチングもよい!

でもバイクのおかげだけでなく自分の調子も
上がってきているのかと思い、いつもの通勤
バイクで同じ所をもがいてみることにした。
次の日、帰り道で実施!
33km/hを記録!調子も上がっているが
エスケープに比べ、明らかに加速の具合が違う。
切れが無い!何かが違う。
3km/hのスピードアップは調子というより
もがくタイミングが良くなっていると思う。
これは「走るバイク」のおかげでフォームが
きれいになってきているからであろう。
昔からよく、「速いバイク」で練習しないと速く
なれないといったものである。
極端な言い方だとママチャリで200km走っても
練習にはならないということだ。

スポンサーサイト



別窓 | フレーム&完成車 | コメント:0 | |
<<フライト・ゲルフローにカラーバージョン | SILBEST新着情報 | GIOSのGRESS>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| SILBEST新着情報 |

無料カウンター