fc2ブログ
セラSMP フォーマ 再入荷!
2010-03-11 Thu 20:10
セラSMP フォーマ、再入荷しました!
GJGJKLGc_20100311183714.jpg
セラSMPのレーシングサドルは モデルによってパッドの肉厚を変えてはいるものの、
基本設計はフォーマ以外ほぼ同じです。
新モデルのフォーマのみサドル幅、中央の穴ともに やや広い設計となっています。
初めてのセラSMPにもオススメのモデルなのですが、ながらく欠品していました。
レース派の方には「コンポジット」が人気なのですが、
それを除けばいま一番売れているセラSMPサドルです。
GJGJKLGc 152
左がコンポジット、右がフォーマです。
セラSMPはサドルを売らんがための奇抜なデザインで
このような形をしているわけではありません。
まず理論ありきで、それを可能な限り 万人に受け入れてもらうがために
コンポジットをはじめ各モデルで厚みを変えています。
コンポジット→エボリューション→ストラトス→グライダーの順に
同じ設計のモデルでパッドの厚みが厚くなってゆきます。
GJGJKLGc 151
上の写真は左から
コンポジット→エボリューション→ストラトスです。
(グライダーは在庫がないので撮れませんでした)
厚みの違いがはっきりしていますね。
さらにパッドが厚いモデルも存在しますが、レーシングサドルには
ほど遠いパッドの厚さとなっています。

フォーマはコンポジットと同じくらいのパッド厚となっています。
具体的にはパッドを指で押してもほとんどへこまない、
「ベースに革をはった程度」の厚みです。

セラSMPのサドルは通常のサドルと違ってセッティングと座り方が
ある狭い範囲に定められます。それが食わず嫌い的なとっつきにくさと
なっているようです。
私見ですが、最初に パッドの薄いコンポジットフォーマを選択した人のほうが
「セラSMPは自分に合わなかった」と
あとになって感じる割合が低い

ように思われます。

レース派の方で セラSMPを使ってみたい!という方は
パッドの薄いコンポジットかフォーマでチャレンジしてみてください。
しばらく使ってみて、慣れることが重要です

豊中店&梅田店
スポンサーサイト



別窓 | サドル&ピラー | | |
| SILBEST新着情報 |

無料カウンター