fc2ブログ
サーベロ S1 入荷!
2010-05-20 Thu 09:37
サーベロ S1 2010年モデル、入荷しました!
GJGJKLGc 103
先日ご紹介のP2はTTバイクでしたが、
S1はエアロロードのエントリーモデルです。
あまりの扁平さなので一瞬信じがたいですが、なんとアルミフレームです。
カーボンより造形の自由度が少ないアルミでこの扁平具合は見事です。

GJGJKLGc 104
ダウンチューブの薄さがまず目を引きます。空力にこだわるとフレームチューブの断面積も
それなりに大きくなるので、フレームの剛性にも期待できます。

GJGJKLGc 105
ブレーキ・シフトともにワイヤーが内蔵式となっています。
空力効果の高さもありますが、バイクの見た目がすっきりする点もうれしいですね。

GJGJKLGc 106
左右のチェーンステーをつなぐ「チェーンステーブリッジ」が付いています。
古典的ダイヤモンドフレームは11本のチューブの集合体ですが、
最近では省略されることも多い11本目のチューブです。

後ろ三角の横剛性に寄与しているのは確かですが、昨今のフレームでは
ブリッジなしでも十分な剛性が確保されているということなのか、よく省略されます。
また、溶接による熱で左右チェーンステーがひずむことが多いこと、
溶接のトーチが入りにくい部分なので作業性が悪いことなども省略の理由になるようです。

GJGJKLGc 108
かなり凝った形状のブリッジですが、上下のプレートの端部分でのみ溶接しています。
GJGJKLGc 107
ブリッジにすき間があるので、横までは溶接していないのが分かります。
接触点の全周にわたって溶接し、熱ひずみを起こさず、かつ きれいに仕上げるのは
至難の業です。おそらく量産品では不可能だと思います。
それならブリッジを付けなければ作業性も歩留まりもよくなるはずなのですが、
そこはサーベロのこだわりです。熱ひずみを最小限に抑えてブリッジを付けてしまいました。
特異なチュービングなので いろいろと見どころの多いフレームではありますが、
個人的にはチェーンステーブリッジが一番気になりました。

豊中店
スポンサーサイト



別窓 | フレーム&完成車 | | |
| SILBEST新着情報 |

無料カウンター