fc2ブログ
バルブエクステンダーはぜひ「中継ぎタイプ」で!
2011-06-26 Sun 09:10
バルブエクステンダーにはバルブコアを外して あいだに継ぎ足す「中継ぎタイプ」と、
バルブの上からかぶせて長さを稼ぐ「かぶせタイプ」の2種類に大別されます。

中継ぎタイプの欠点は バルブコアが外せないチューブの場合 使用不可なことです。
欠点といえば その点ひとつだけです。

かぶせタイプの欠点は
使っているとエクステンダーとバルブの間でエア漏れしてくるようになること、
物によってはバルブコアがリム内部で開きっぱなしになること、
エクステンダーの外径がバルブより太いこと(なぜ欠点なのかは後述)、
など いろいろあります。

画像 122
↑ということで中継ぎタイプ4種です。
左から20mm・28mm・40mm・60mmです。
チューブないしチューブラータイヤの値段が
バルブが長くなることによって数百円高くなる、
と思ってあらかじめ長くしておくのがオススメです。
イーストンやジップに100mm前後の高さのリムがありますが、
その際は 中継ぎを2本足してください。

画像 123
というのが今までの対応でしたが、
今回100mmが加わりました!

画像 124
マヴィック・シマノなどのディープリムホイールに付属している
エクステンダーは 全てかぶせタイプです。

カンパニョーロもかつては かぶせタイプが付属していましたが、
現在カンパニョーロ/フルクラムには中継ぎタイプが付属しています。
その理由は、バルブ部分に「カタカタ音防止ガード(勝手に命名)」が付いているからです。

かぶせタイプは外径がやや太いので このカタカタ音防止ガードに通りません。
ボーラ/レーシングスピードの場合、エクステンダーは中継ぎタイプのみが対応します。

梅田店
スポンサーサイト



別窓 | ホイール&タイヤ | | |
| SILBEST新着情報 |

無料カウンター